MUSACOについて

私たちは、収穫が終わったバナナの幹から抽出した繊維で、さまざまな製品を制作しています。
バナナの幹は毎年たくさん廃棄されており、 化学薬品を含まない自然に優しい方法で繊維を抽出します。私たちは主に、スリランカ中西部の古代都市キャンディから1時間半の距離にある、小さな町ケゴールの周辺で育ったバナナの幹を使用しています。

ブランド名のMUSACOは、ケゴール地域で有名なバナナの在来種『MUSA』と繊維から抽出できる幹を意味する『CO』との組み合わせです。

2013年、日本の財団は、障害のある人々の収入を生み出すために、ケゴール地域でのバナナファイバープロジェクトを支援し始めました。 Musacoのコンセプトは、2015年にフランスの戦略デザイナーDorothéeEtienneによって作成されました。現在は、日本人パートナーであるMs.Mieko  Muraiと共に商品を作り続けています。
2019年12月、MUSACOはケゴールに小さなお店をオープンしましたが、長引くコロナの影響のため存続が困難となり、2020年10月末をもって閉店致しました。

Musacoは非営利の労働者協同組合で25人のメンバーがいます。 Musacoの生産者の中には障害を持っている人もいれば、家族に障害を持っている人もいます。 協働してアップサイクル製品をひとつひとつ丁寧に作っています。


MUSACO商品ができるまで

Step 1 : 廃棄されるバナナの幹探し

生産者の生活圏の隣人に聞くなどして古いバナナの木を探します。遠方から情報をもらう場合もあるので、トラックを一日レンタルするなどして現場へ向かいます。廃棄される古いバナナを探しては幹をナイフで切り落とします。幹にはたくさんの水分が含まれているためとても重いので重労働です。

Step 2 : 幹から繊維を抽出

木が伐採されると、ムサコの繊維抽出機に運ばれます。 トランクには水分が多く含まれているため、放置すると腐敗します。そのため、できるだけ早く繊維を抽出することが重要です。 まず、幹の外側の樹皮を取り除き、縦に長く薄く切ります。 これらは1つずつマシンに押し込まれ、その後、元の方法で引き戻されます。 Etvoilà! バナナファイバー!

Step 3 : 繊維の洗浄と乾燥

繊維の束を一本一本水洗いした後、ロープで覆い天日干しします。 乾かし過ぎると繊維が切れやすくなり、湿っていると今度は黒カビの原因になるので注意が必要です。

Step 4 : 糸づくり

繊維の束が乾いたら、屋内に持ち込んで保管します。 私たちの生産チームは、手作業で繊維を最高品質の糸に紡ぎます。これは時間のかかるプロセスです。 バナナ繊維から糸を作る上で最も難しい側面の1つは、結び目がすべて同じ太さであることを確認することです。 Musacoの糸の太さは0.5mmから8mmまでさまざまです。

Step 5 : 製造工程

糸が紡がれると、美しいMUSACO製品に変わる準備ができています。 かぎ針編みは0.5mmから1mmの太さの糸で行うことができますが、そのような細い糸を作ることは時間と技術の両方を必要とするので高価です。 より密に編まれた製品を作るにはたくさんの糸が必要で、必然的に価格も上がります。
私たちはお客様にリーズナブルな価格の製品を提供したいので、細かい糸細工を他のステッチや生地の製造方法と組み合わせています。 また、制作チームのメンバーにとって、適正価格と合理的な作業負荷のバランスをとるように努めています。

MUSACO制作チーム

Musacoは2019年1月10日にケゴールで事業として登録され、現在スリランカ産業省に登録中です。
ビジネス名 :  MUSACO
ビジネス登録番号  :  K/KG/004722      >> ビジネス登録証明書はこちらでご確認いただけます。
リーダー  :  Partnership:I.G.Somalata    /   K.D.Punya Pushpakumari
運営責任者  :  Murai Mieko
スリランカオフィス  :  B / 294 / 4, Udadenniya , Dikkohupitiya, Hettimulla, Kegalle, Sri Lanka
MUSACO Shop  :   Kegalle【2020年11月閉店】
日本での連絡先  :  [email protected]
電話番号  :  Sri Lanka : +94 76 259 1775
メールアドレス  :   [email protected]
販売サイト   :   http://musaco-srilanka.com   ,  Facebook : Musaco.Sri Lanka / Instagram : musaco.sri

制作チームメンバーの声

Ilikpitiya Somalata
(Team leader)
「2014年の最初の会議以来、フランスのドロシーや日本のミエコなどの専門家の助けを借りて、バナナファイバー製品を制作してきました。 このプロジェクトは、障害を持つ人々を支援する方法として始まりました。 私たちは障害を持つ人々を引き続き支援する一方で、私たちの制作チームの他のメンバーも支援して、尊厳のある生活を送るのに十分なお金を稼ぐことができるようにしたいと考えています。 2019年12月にMUSACOを事業として立ち上げることができました。 私たちは、高品質の手作りのMUSACO商品を1つずつお届けすることをお約束します。」
Punya Pushpakumari
(Team leader)
「私は2012年に障害者を支援する家庭菜園プロジェクトに参加し、2014年にバナナ繊維プロジェクトに参加しました。バナナファイバーから製品を作るには、すべて手作業で行う必要があるため、時間がかかります。 MUSACOチームのメンバーが製品を作るのを楽しんでいることを私は知っています、そして私たちが国際市場を開拓することができれば、すべてが素晴らしいでしょう。 私の息子は障害を持っています。 彼は菜園にも関わっています。 MUSACO商品を作るのはとても楽しいので、私たちは本当に幸せです。 それらを提供できることを誇りに思います。」
Kumara Manike
(Team Member)
「当初、亜麻から手工芸品を作るための技術トレーニングを受けましたが、友人がMUSACOのバナナファイバー手工芸品作りプログラムについて教えてくれました。 彼らの製品は素晴らしかったので、私はすぐに参加することにしました。 チームの他のメンバーと毎日手工芸品を作るのが好きです。 そして、それは経済的にも大きな助けになります。 私はMUSACOの使命にコミットしていると感じており、彼らのために製品を作り続けたいと思っています。」
Malani Senadheera
(Team Member)
「6年前のある日、シヤンバラピティヤの寺院を掃除しに行ったところ、バナナファイバーで手工芸品を作る訓練を受けている人を何人か見かけ、 面白そうだったので参加しました。 ワークショップで色々なテクニックを学び、今では美しい商品が作れるようになりました。 MUSACOにショップができたので、他のメンバーと一緒に仕事をするのがもっと楽しくなりました。 私は物事に対する気持ちも前向きに感じます! プロジェクトの出発点は、障害を持つ人々を支援することでしたので、私たちはこの活動を続けていきたいと思っています。」
Upeksha Jayathilaka
(Operation Manager)
「母がバナナファイバーで物を作っていたので、興味を持ちました。 国内市場の欠如は大きな問題になると思いましたが、国際市場への参入を始めるにつれ、私の仕事はより面白くなりました。 新製品を作るのはとても楽しいし、私の収入も良いです。 日常生活から離れて、チームの他のメンバーと一緒に仕事をすることは本当にやりがいがあります。 MUSACOで働いて稼いだお金で、勉強する余裕があります。 最近、私はマーケティングのクラスに行き始めました。 そこで学んだことは、MUSACOにとって非常に役立つでしょう。 私たちが作るMUSACOの製品はすべて環境にやさしく、私たちはそれらに多くの配慮を払っています!」
Tharaka Damayanthi
(Team Member)
「2020年3月からムサコでバナナ繊維製品を作っています。新しい手工芸品を作ることができました。精神的にも余裕ができるようになりました。 その上、私の家族は私が稼いでいるお金に本当に満足しています。 チームの一員として働く機会に本当に感謝しています。 将来的には、新製品の開発、会計の透明性、地元の人々への製品紹介に携わりたいと思っています。 できるだけ多くの方にMUSACOの商品を楽しんでいただきたいと思います。 障がい者の育成にも参加したいです。 ほんの少しでも彼らを助けたいのです。」
Piyumika Lakmali
(Team Member)
「私は最初に知人からMUSACOのことを聞き、すぐに参加することにしました。 私は新人なので、まだまだ学ぶことがたくさんありますが、チームの他のメンバーと一緒に製品を作るのは楽しいです。 私は良い収入を得ているので、お金の面でも助けになっています。 私たちの製品の宣伝に参加したいと思います。 新しいバナナファイバー製品を作るという挑戦も楽しみにしています。」

トレーニング / ワークショップ

トレーニング

スリランカ国内でバナナファイバー手工芸品づくりのトレーニングを提供しています。

MUSACOは、スリランカ国内でバナナファイバー手工芸品づくりに関するトレーニングをサードパーティに提供できます(一定の制限があります)。 また、月に2回、2つの障害者施設でトレーニングを実施しています。
詳しくは、当サイトの「お問い合わせ」ページからお問い合わせください。

ワークショップ

バナナファイバー手工芸品ワークショップ

バナナファイバーの手工芸品の製造方法について詳しく知りたい場合、または製造プロセスを実際に体験したい場合は、メールまたは電話でお問い合わせください。